×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

腰痛ベルトの効果

普段の生活の中で、長い時間座っていたり立っていたり、座る時に足を組む、正座を崩したような座り方で床に座るなどの不自然な姿勢をとりつづけることで、骨盤(色々な人が矯正の方法を指導しています)や股関節に歪みが生じてくるになりますよね。また、運動不足や体重の増加によっては、腰周辺の筋肉は減って、脂肪が増えてしまうと背骨や骨盤はそれを支えきれずにゆがんでしまうのです。

そして、女性(ならではの視点が重宝されることもある反面、振り回されてしまうこともあるかもしれませんね)の場合であれね、妊娠すると出産に備えてだんだんと骨盤が開いていくだといわれているのです。更に胎児(母体からの影響を大きく受けるといわれています)が大きくなってくると腰や足に大きな負担がかかってきますよね。そして、もともと腰周囲にあまり筋肉が付いていない人の場合には、その重さを背骨と骨盤(男女差が大きいので、これを元に性別の鑑定を行うことが可能です)で支え続けていくので、腰痛になっている人が多いといわれているのです。

また、出産時に骨盤(男女の形状差が大きく、法医学では性別を判定するために調べたりもするでしょう)が開いた状態のままだと、開いたところに内臓が落ちてしまい腰痛の原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)になることもあります。こういった骨盤(リラックスしていると開く、緊張すると閉じるなど、一日の間でも変化しています)や、股関節の歪みやズレは「腰痛ベルト」を利用することで痛みが減ったり、腰痛がおきるのを防止することができますよよ。

また、昔は、「腰痛ベルト」では無くさらしなどを巻いていたようなのですが、最近では余りごわつかない妊婦用の腰痛ベルトが沢山でてきているのです。寒い時期に腰を冷やさないように暖かいものや、夏場などはムレにくい素材で出来るのでいる「腰痛ベルト」もあるかもしれませんねよ。また、腰痛にも突発的に起こる急性の腰痛と、慢性的に腰に痛みのある慢性腰痛があるはずです。そして、感じる痛みも違っているのです。なので、あなたの腰痛に必要なタイプの「腰痛ベルト」を使う事により、症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)に効果がでてくるかも知れませんね。

腰痛ベルトは、ただ腰につけておけばいいというわけでは意味がないのですよ。腰痛ベルトを使うことで痛みを軽減させて、腰痛の再発防止の効果がきちんと出るように、痛い部分がサポートされている場所をみつけて「腰痛ベルト」を巻くようにしてくださいね。また、女性の場合、月経痛や出産後の骨盤の開きによる腰痛を感じるケースもあるそうです。あんおで、こういった場合には腰痛ベルトなどを自己判断で使用すると内蔵の動きを妨げてしまう可能性もあるのですよ。なので、注意(しすぎというくらいでちょうどいいのかもしれないですね)が必要です。