×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

健康と三大要素

健康を意識する上で三大要素という言葉が強調される事があります。一般的に健康と疾患とは紙一重と言われ、普通に過ごしているからと言って決して健康であると思い込まず、会社での定期的な健康診断や人間ドックは受けるように心がけるべきです。その際に先生などから三大要素に関してのコメントもあるかも知れません。

私たちの平常の生活の中で、仕事でついつい無理をしてしまうことも往々にしてありますが、超高齢社会に突入した今、私たち一人ずつが健康について関心を高めていく必要があると言われます。今夕の日本の大人も子どもも真実に健康な人を見つけ出すのは難しいとさえ言われ現実があるからです。ちょっと例を挙げますと、頭痛、腰痛、ひざ痛、高血圧、糖尿病、不眠症便秘、神経症、ウツ病、認知症、そしてガンといった疾患は現代の日本人に多発している疾患です。大抵の方が病気と言っても差し支えないかもしれませんね。

現代日本の現状は、豊かさを求めるにあたって、環境や飲食物、人間関係の犠牲を払って発展してきました。健康は、人生最大の資産と言われています。健康であってこそ人生は楽しめます。悲しいかな、疾患になってはじめて健康の有難味が分かります。健康の維持増進を心がけて活力に楽しく生きていきたいものです。

健康管理とは、疾患や障害を防止し、健康を維持していくことを言います。健康管理を行なう上でポイントとなるのは、喫食、運動、そして休養の三要素とされています。喫食においては、まず食習慣の見直しが必要となります。現代人はどうしても、高カロリー食で高脂肪食に偏る一方で、ビタミンやミネラルが欠如する特性にあります。カロリーや脂肪を控えめにし、ビタミンやミネラルを多く摂るように心がけましょう。また、喫食の補助として、サプリメントを取り入れるのも効果的です。運動については、特にデスクワークなどの仕事では運動欠如になりがちですから、できるだけ毎日、ウオーキングやジョギングなど、何らかの運動を習慣づけることが大切になります。経済的に余裕のある人は、健康管理のためにフィットネスクラブに通うのも一つでしょう。狭心症や高血圧対策も検討しましょう。

コレステロール

コレステロールはあまりにも有名な言辞なので、そのおおよそは大抵の人が知っている。病棟ではそういう前提のもとに、コレステロール方策の話が進められて行く事が時よりあるようです。

確かに、見ているだけで忙しい事が解るドクターに、コレステロールって何なんですか、なんていう基礎的な質問は出来ないですよねぇ。ならば自身で勉励するしかないと思い、早速健康関連のブログやサイトを読みだしました。

流石はみんなが気にするコレステロール、その情報量は中途半端なものではありません。まるでドクターさながらに細かく解説してくれている世帯医術のブログやサイトもあります。

キーワードはズバリ、コレステロールとは、その実態を暴き、より効果を発揮する方策を練る事が、当座の私の課題になりそうです。


猫アレルギー